ウイルスは様々な病気を引き起こす原因ですが、うまく利用すると癌治療に効果的だとして様々な研究を行っています。
癌治療で使うウイルスを、人工的に改良して使用します。


人工的に改良する方法も2つあり、1つ目は遺伝子技術で癌細胞だけに感染させるように改良します。

もう1つは遺伝子技術で癌細胞でしか活性化されないように改良する方法です。

1つ目のは、従来の抗がん剤の反応を高める遺伝子をウイルスに組み込ませたり、癌細胞の中で無害な化学物質を強い毒性を持った物に変化させて酵素を作り出す遺伝子を組み込ませたりといった様子で、癌細胞へ徐々に働きかけて殺傷していくものです。

今よりも肺がんのコントロール法『末期癌に打ち勝った癌闘病記』初期からの治療・痛み・原因に勝つ について解説いたします。

2つ目は、腫瘍溶解性のウイルスを作り、癌細胞だけに感染し、さらに癌細胞内でのみ複製増殖させるように改良して、癌細胞を殺傷していきます。これは腫瘍溶解性のものの近くにある癌細胞にも新たに感染していくので、ガンの広がりを抑制し、ガンを縮小させていく効果も期待されます。



どちらもいかに効率よく癌細胞だけを殺傷し、正常の細胞には無害であるようなものを、遺伝子工学によって作りだす研究を盛んに行い、研究所によっては国家レベルのプロジェクトとして、新たな癌治療への方法の一つとして研究を行い、改善を日々行っています。年齢が若ければ若い分、細胞の増殖は速いので、このウイルスを使用しての取り組みは癌細胞の動きに応じて俊敏に活動して死滅させてくれくれると思います。